登場してきた有利区間がある5.9号機を簡単に説明してみた!!

今回はこれからしばらく登場して、主流になるかもしれない?5.9号機のお話です。

登場したてなので、いまいち意味が分からない打ち手の皆さんもおられることでしょう。

私も5.9号機について研修を受けましたが、今までとだいぶ変わったので理解するのがいまいち大変でしたが…

 

 

これから打つ際に最低限覚えていればいいことをまとめてみました。

 

 

 

通常区間てなんだ??

 

5.9号機には通常区間と有利区間というのが存在します。

では、まず通常区間のことからです。

 

  • 通常区間」では「有利区間」への移行抽せんのみ

ここではボーナスは抽選はしています。

基本的に、レア役やボーナスをきっかけに、ART突入に関わるCZ、高確率状態なんかを行う有利区間への移行抽選のみしています。(薄い確率でART当選の場合あり)

通常区間から有利区間への移行率に設定差はなし。

ART終了時とか朝一は必ず通常区間

 

 

ようするに、ARTへの期待度の低い場所ですね。

「ART引きたきゃここでは期待できねーぞ」っていうとこなんで、さっさとレア役やボーナスなんかを引いて早く有利区間にいきなさいよってことですね。

覚えとくのは上記の文章くらいなんで、これはそんなに難しくないと思います。

 

 

有利区間てなんだ??

次に有利区間ですね。

 

  • 有利区間とはCZ,高確率、ART通常区間以外の全てを有利区間

最大1500ゲームしか滞在できない。

有利区間にいるかどうかはプレイヤーに必ず告知せよ。

有利区間中にボーナスを引いたらそれも有利区間に数える。(ボーナスから有利区間に移行した場合も有利区間のゲーム数になる)

 

こんな感じなんで、打ち手が注意したいのは有利区間に、今いるかどうか?を確認すること。

 

ではどこで確認するかというと、現行の機種では、コインを投入した時に何枚と表示されるクレジット表記やペイアウト表示周辺にドットつまり点で表示されます。

コインが20枚入っているとすると

 

20     ・

 

こんな感じで  で、今、有利区間中ですよと教えてくれます。(機種によるので要確認)(最近はチャンスランプなんかが点灯して言お知らせしている場合もあります)

 

止める時やレア役とかボーナスを引いたときは  を注意して見る癖をつけるようにしましょう。

 

クレジットやランプなんかをチェックしてみましょう。

 

 

 

重要な一番変わることは!?

 

 

そして今までで一番変わることは、「有利区間は最大でも1500ゲーム」これですよね!!

これが3000枚規制といわれるものになりますね。

 

つまり、簡単にいうと「ARTは最大で続いても1500ゲームしか続かないよ。」てことです。

 

実際は、ARTゲーム以外の高確率、CZなんかも有利区間1500ゲームに数えてるので3000枚出ることは少なくて2100枚から2500枚位てところですね。

 

 

では1500ゲームで終了するなら上乗せしたゲーム数やセット数なんかはどこに行くのかというと…

完全に無駄ヒキです。

強制終了となります。

 

どれだけ、残りゲームやセットがあっても有利区間1500ゲームまでで強制的に終了となります。

 

一撃5000枚や10000枚を何回もだしているという人間設定の高い剛腕の人には最悪の仕様となっております。

 

逆に2000枚~3000枚を出すのが得意な、中間設定のヒキを持つ人には時代が来たかも?しれません。

 

 

店としても扱いづらい?

 

店側からすると扱いやすそうですが、高設定から低設定使ってみましたが、ART突入にほぼ差がないせいか、ちょこちょこ低設定でも一撃ではなく二撃くらいで4000枚位でたりするので微妙に扱いづらい感じもありますね。

 

設定差はボーナス確率と小役の確率(コイン持ち)に差が出てくる感じになってるんで設定入れたら割とわかりやすいし、打ち手としたら細かい解析を頭に入れる必要があまりないでしょうから、楽にはなるかもしれません。

 

 

注意する所とまとめ!!

 

 

打つ際の注意をまとめると、遊戯中は有利区間はART突入の近道、ドット・を常に確認してチャンス捨てないようにしよう。

 

意外とこれくらいではないかと思います。

 

あとは、ボーナス確率、小役確率、設定示唆など前の時代のスロットと設定を読む要素は同じなんで難しくはないと思いますが、

 

「一撃がないのと無駄ヒキで終わる」というのが大きい要素なんでこれが一番5.9号機の最悪な部分ということになりますね。

 

あと「有利区間だけ打つ」といった戦術も期待値的にあるかはわかりませんが何も考えずに打つよりはいいのではないかと思いますけど、どうなんでしょうか?

 

解析は出そろってませんが、ARTにほぼ設定差がついてないので有利区間ハイエナができる可能性はありますね。

 

5.9号機は

 

夢がない!!

 

この一言でまだまだ以前の仕様の機種が人気になりそうですよね。

このまま6号機でもこんな感じだったらと思うとゾッとします。

以上、有利区間がある5.9号機を簡単に説明してみた!!の記事でした。