ツインドラゴンハナハナ 解析 これだけ覚えればいい!

2018年10月15日から導入が始まっています、ツインドラゴンハナハナ 解析 これだけ覚えればいい!の記事です。

 

(C)パイオニア

 

設定 BIG レギュ ボナ合成 機械割
1 1/296 1/492 1/185 96%
2 1/286 1/461 1/176 98%
3 1/275 1/431 1/168 101%
4 1/262 1/397 1/157 104%
5 1/249 1/368 1/148 107%
6 1/232 1/331 1/136 112%

 

天井 なし
ヤメ時 ボナ中以外いつでも

 

毎度おなじみの。花が光ればボーナス確定のシリーズです。

今回はバウンドストップの他いろいろな演出が追加されているみたいです。

 

ビックで312枚、レギュで130枚。

 

特に難しいことはない台です。

 

 

通常時の打ち方

通常時は左上段付近にバー狙いで、スイカが滑ってきた時だけ中、右とスイカをフォロー

 

ビック中の打ち方

サイドランプが光った時だけスイカとチェリーをフォロー。

 

レギュ中の打ち方

1回だけ左中段に白7をビタ押して、中、右と狙いスイカを揃える

左に白7を避けて消化

 

 

設定示唆

 

レギュ終了時の龍玉ランプの色で設定示唆

 

青、黄色 設定3以上確定
緑、赤 設定5以上確定
レインボー 設定6確定

 

 

レギュ中のスイカ成立時ビタ押し成功時のサイドランプの色で示唆

レインボーで高設定確定!

 

画像引用元⁑すろぱちくえすと様

 

この機種の倒し方!

 

この機種はAタイプなんでボーナス確率を見るのが基本ですね、特に差があるのはレギュ確率なんでそこを見ていきましょう。

 

あとは、技術介入をしっかりやって、設定示唆の見逃し厳禁です。

 

次に実践値ですがビック中のスイカ確率で設定差があるみたいです。

設定1,2 1/60~1/50
設定5,6 1/30~1/25

 

このように、約倍くらい差があるようなので、ビック中スイカはちゃんと数値を出しといたほうがいいでしょう。

 

朝一狙いのポイント


この機種はガックン判別が効きます

次に、設定変更やリセット後は初回BIG終了時に
50%で龍ランプが光ります

前日+当日が100G以内のボーナスでBGM変化すると設定据え置きが濃厚


 

 

ジャグラーなんかより示唆等がある分設定が分かりやすいので、より勝ちやすい台かなと思います。

 

以上、ツインドラゴンハナハナ 解析 これだけ覚えればいい!の記事でした。