CR鬼浜 疾風迅雷ver 235ver,152ver スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!

スポンサーリンク

2018年10月22日導入、CR鬼浜 疾風迅雷ver 235ver,152ver スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!記事です。

 

(C)ベルコ

(カッコは152verの数値)

大当り確率
約1/235.7(152.4) → 約1/94.7(1/74.3)
確変突入→継続率
ヘソ20%(10%) →80% 150(120)回転まで
時短システム
大当り後100or150回(ST込み)
賞球数
4&1&3&5&15
ラウンド
15R  1680(1260)発
7R   790(580)発
6R   670(500)発
カウント
8(6)C

 

ヘソ時の振り分け
実15R確変 電サポ150(120)16(6)%
実7R確変 電サポ150(120)4%
実6R通常 電サポ100(50)80(90)%

 

電チュー時の振り分け
実15R確変 電サポ150(120)66(60)%
実7R確変 電サポ150(120)14(20)%
実6R通常 電サポ100(100)20%

 

ST機です。どちらもSTを継続率に直すと約64%。

235と152の違いは出玉の大きさと引き戻し率くらいですね。

 

続いてボーダーです。(カッコは152の数値)

等価20.7(21.3)
3.5円21.4(21.7)
3円22.7(22.7)

 

玉削りを考えると等価で26は欲しいところ。

 

ボーダー的には235verに軍配ですね。

 

以上、CR鬼浜 疾風迅雷ver 235ver,152ver スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事でした。

スポンサーリンク