旧イベントの日が実はチャンスではない?優良店を見抜け!!

スポンサーリンク

まだホールがイベントをガンガンやってよかった当時、各パチンコ、パチスロ屋さんは月の決まった日に、いつもより出す日をイベント日として設定してお客さんを集めていましたよね。

 

 

例えば毎月の7のつく日だとか、1のつく日だとか、多いパチンコ屋さんだと3と9のつく日だとか、まぁ月に3回から4回、多い店だと6回から8回位やっていたんですね。

パチンコが熱い日、スロットが熱い日、両方熱い日等、いろいろありました。

 

 

しかし、今はそういった何日の日が熱いとかのイベントは禁止となりました

 

でもいまだにその当時イベントだった日は、旧イベントの日として、お客さんと店の間で暗黙の了解として普段よりは出る日として認知されており、その日に通われているお客さんが多いことと思います。

 

実際その日は普段の日よりもお客さんの数が多くなっているホールが多いことでしょう。

 

しかしお店側からすると、正直回収する日としてありがたい日であることが多いというのはご存知ですか?

 

 

旧イベ日は回収か?

 

 

どういう事かというと、旧イベの日というのはだいたい月に3回くらいありますよね、その月のうち毎回必ず出すホールがいくつあるでしょうか?

 

たいていのホールの場合で出たり出なかったりしていると思います。

 

 

例えば平均で、イベント日が月3日のうち月2回出す日にして1回出さない日を作るならばお客さんに有利と思いがちですなんですが、実はこれに稼働率というのがが加わるので3分の2で甘い日を作ったとしてもお店側は結構な利益になります。出す日、出さない日が五分五分位ならそれ以上です。

 

 

うまく回収されている!?

 

出す日といってもすべての台が大量に出るわけではありません。

稼働があれば、何台もある中のいくつかの島や機種で甘めに設定して、たとえその島や機種が赤字だったとしても、他の機種や島で回収できてしまうんですよね。

 

 

例えば、出してる島や機種をお店側のマイナス50だとすると、その他の機種や島をお店側のプラス80でお店側がプラス30の利益を作り上げる感じです。

 

 

それをいろいろ微調整して利益をあげます。毎回出さないとお客さんは離れてしまうので、たまに出す日を作ったりして、生かさず殺さずというか長期的に稼働を保ちつつ長期的に利益が上がるようにしているんですね。

 

例えば、3か月スパンで9日間、旧イベ日があるとして、初月のイベント日は、3日全部出してお客さんをつけといて、そのあと2か月間、6日イベ日があるので、まぁまぁの出る日を1日くらいつくって、後の5日は微妙に回収する方向にすると3か月でお客さん有利の日が4日間、お店が有利の日が5日間つくれるので、そこで回収するような感じですね。

スポンサーリンク

 

稼働を利用しつつ悪印象を与えないように回収するんですね。

 

稼働があるということはお店にとってすごくいい宣伝になるんですよね。

 

稼働を使ったマジック

 

 

商売の基本かもしれませんが、人が人を呼ぶ状況を作るのが大事となっています。

 

そして、月に1回でいいので、とても出す日を作ると心理的にすごく効果的だと言われています。

 

 

また人が多いと、いわゆる稼働マジックというのを作り出すことができるので、たいして出していなくても「今日は熱いのではないか?」「この店は出しているのではないか?」というのを印象付けることができるんですよね。

 

 

この状態になると、何でもない日よりイベントの日の方が利益が上がる状態の出来上がりです。

 

この月に1回あるかないかの出す日を求めてお客さんがやってくるようにホール側は罠をしかけているんですよね。

 

今回はダメだったから次のイベント日かな?と思わせるわけですね。

朝から皆さん来店されるので、半日過ぎたくらいで「今日はあんまりでない日だな」と気が付くわけですけど、その時、お店側の利益はもうすでに結構あがっています。

 

もちろん超優良ホールでは、月3回のうち毎回赤字覚悟で出しているホールがあるかもしれませんが、まぁ9割以上は上記に書いたように稼働をうまく使って回収しているはずです。

 

 

マジックの見破り方!!

 

 

打ち手からすると稼働マジックを見抜くことが大事になってきます。

簡単なやり方は、最近はスランプグラフで詳細の差玉がだいたいみれるので、面倒ですが差玉を計算してみましょう。

 

大まかでもいいから全台計算してみてください。

自分の通っているホールは旧イベントの日に出していますか?

 

基準はありませんが、お客さんのプラスの台が明らかに多ければ合格と言えるでしょう。

一日だけではなくて年間くらいでデータを取ってみた方がいいと思います。

 

稼働マジックのお店では出玉的に「あれ!たいして何にもない日とかわらなくね?」となっていることでしょう。

 

もちろん旧イベントの日でうまく立ち回って利益をあげている打ち手もいるでしょうが、店自体からしたら朝からお客さんが多いと稼働もとれる嬉しい日なんですよね。

 

皆さんの周りのホールではどうでしょうか?以上旧イベントの日が実はチャンスではない?の記事でした

 

 

スポンサーリンク