パチスロのMB(CB)で設定変更や、据え置きを見抜く方法

さて、いきなり何のことを言ってるかわからない方もいるでしょうから一つずつ説明していきたいと思います。

 

これを覚えれば立ち回りの幅が広がること間違いなしです。

 

MBってなに?

 

 

まずMB(CB)って何?って話からしていきたいと思いますね。

パチスロにおいてミドルボーナス(チャレンジボーナス)と呼ばれるもので、MB(CB)目という出目が出ると、次の回転で1ゲームから2ゲーム間ベルなど、何らかの小役が揃ってコインが増えるというちょっとしたボーナスみたいなものだと思ってください。

 

MBの出目はどんなの?

 

 

代表的なのが、中段「リプレイリプレイベル」、中段「リプレイベルベル」とかが多いんですけど、機種によって違いますし、MB(CB)を搭載していない機種(ジャグラーやハナハナなどのAタイプと呼ばれるもの等)もあるので打つ前に調べておくといいでしょう。

 

その出目でやめてある台がある場合はちょこっと打って得しちゃうことになりますね。(中には禁止はしてないでしょうが、それを嫌がるホールさんもあるかもしれないのでご注意を)

また、自分が台を離れる時にもMB(CB)目がでてないか確認してから台を離れた方がいいですよね。

 

MB(CB)での設定変更の見抜き方

 

 

先ほどMB(CB)目のあとは小役が出るとお話ししましたが、でも唯一小役が出ない時があるんです・・・それが「設定変更した場合の朝一」なんです。

 

設定変更をすると成立していたボーナスやMB(CB)等は消滅する仕組みになっているのでそれを利用します。設定変更しない電源ON/OFFでは小役が揃います。

 

やり方はどうするのか?

 

 

やり方は簡単、単純な話で前日の閉店間際に狙い台にMB(CB)目を出現させて閉店させるだけです。」

 

そして、その台を朝一に1回転だけ回してMB(CB)の後来るはずの小役が来れば据え置きで、来なければ設定変更ということになります。

 

 

応用の仕方

 

 

実践、応用での使い方としてやりやすいのは据え置き台を狙う方法ですね。

 

前日の高設定挙動であろう台にMB(CB)を仕込んでおいて変更したのかどうかを調べて、据え置きならGOだし、変更ならやめとけばいいわけですね。

 

同様に天井近い台などに仕込んで、据え置きならそのまま天井狙いをするといった感じで狙うわけです。

 

逆に設定変更を見抜いて使う方法としては、何日もへこみ台になっている台に仕込んでおいて、設定変更が確認できた場合には、設定を上げた可能性が高くなるということですね。

 

ただこれは同一設定に打ちかえるようなホール、又は全台リセットスタートとかの店では使いづらいですよね(実際には設定1をまた1に打ちかえる意味がないのであんまりそういうお店は少ないでしょうが)

 

やり方とまとめ

 

 

    1. 前日据え置きを狙うのか、上げ狙いか、いずれかの狙い台に閉店間際にMB(CB)目を仕込む
    2. 朝一1回転だけ回してMB(CB)後に来る小役がくるか確認する
    3. 小役が来れば据え置き、来なければ設定変更。

 

こんな感じで見抜くわけですね、実際対策がぬるいホールさんでは実際に使えますし、海老で鯛を釣るわけですからうまくいけば打ち手側にとって大きな武器になるということです。

 

今回は打ち手側からの目線で、MB(CB)で設定変更判別のやり方と具体例をまとめてみましたがどうだったでしょうか?次はホール側からの視点でMBでの設定変判作戦にどう対策してるのかをお話ししていきたいと思います。プレイヤ側ーもホール側も熱い戦いをしているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。