PF革命機ヴァルヴレイヴW スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!

2018年8月20日から導入が始まります、PF革命機ヴァルヴレイヴW スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事です。

ついに噂の6段階設定付きのパチンコの登場です。

パチンコに設定が戻ってきました。(昔は3段階ですがあったんすよ…)

 

(C)SANKYO

 

確変突入率
100%
確変継続
16回のリミッター 1/773で転落タイプ
時短
大当り後1or9or18or100回or100回+α(大当りか1/773で転落まで)
賞球数
4&1&4&3&6
ラウンド
10R   330発
6R    190発
4R    130発
カウント
6C
ヘソ時の振り分け (16回目のリミット時は通常確定)
10R確変 (電サポ100+α) 4%
10R確変 (電サポ18) 3%
10R確変 (電サポ9) 18%
6R確変 (電サポ100+α) 3%
6R確変 (電サポ18) 4%
6R確変 (電サポ9) 13%
4R確変 (電サポ100+α) 3%
4R確変 (電サポ18) 3%
4R確変 (電サポ9) 14%
4R確変 (電サポ1) 35%

 

 

電チュー時の振り分け (リミット時は電サポ100で終了)
10R確変(電サポ100+α) 40%
6R確変 〃 30%
4R確変 〃 30%

 

設定 低確 確変時
1 1/159.8 1/50.0
2 1/154.2 1/48.2
3 1/150.7 1/47.1
4 1/147.3 1/46.0
5 1/140.9 1/44.0
6 1/119.2 1/37.2

 

遂にパチンコ新時代か?という台。

 

前作と同じなんですが、転落抽選があるのと、設定がつきました。

 

設定ってなに?スロットやらないから分からん、という人もいるかもしれないんで説明すると、まぁ、単純な話で設定6に近づくほど大当たりしやすくなるという仕様です。

 

上の確率表を見て下さい、前は低確時は1/319とかで大当たり確率は同じでしたが、設定付きの機種はそれぞれ確率が違います。

 

設定がいいほど初当たりが当たりやすいので、初当たりが軽い台を選ぶのが王道の立ち回りとなります。

 

単純に設定がいい台に座ってぶん回すだけのお仕事に変わりましたね。

 

という訳で、続いてボーダーです。設定ごとにボーダーが変わるので注意ですね!(上から設定1~6)

 

等価 23.5
22
21
20
18.3
12.9
3.5円 24.2
22.9
21.9
20.9
18.6
13.1
3円 24.7
23
22
20.9
19
13.5

 

削りを考えると等価の設定1で26回転は欲しいところ。

 

しかし、6ならば14回転あれば、だいぶいける感じなんでこの辺が前と変わったところですかね。

 

以前の機種の平均ボーダーほど回らなくても、全然勝てる可能性がある、それが設定の恩恵と言えるでしょう。

 

しかも設定を示唆する演出まで搭載している模様です

 

前兆チャンス目315が停止
設定6濃厚

 

他に50ゲームごとにでるセリフでも設定示唆があるみたいです。

現時点で「カクメイ!」、「トキがきた」なんかは高設定濃厚のセリフなんで、50回転ごとに液晶には注目しておきましょう。

 

リーチはずれの後のシャッター演出

通常シャッター+ピノ出現で復活当たり 設定3以上濃厚

赤シャッター+ピノで復活当たりなし
設定4以上濃厚

豪華なピノ+赤シャッターで復活当たり
設定6濃厚

 

保留時の特殊音

保留入賞時に特殊な音が鳴る
設定4以上濃厚

 

革命ラッシュゲットの時の文字の周りの色で示唆

革命RUSHGETの周りの色
虹色で設定6濃厚

 

革命の刻選択画面での示唆

革命の刻選択画面で上から4番目にv-ZONEが来る
偶数設定濃厚

 

革命の刻失敗時の背景色

通常背景でボイスが出現
設定2以上濃厚

赤背景でボイス出現
設定4以上濃厚

金背景
設定5以上濃厚

ボイス出現で設定6濃厚

画像引用元⁑すろぱちくえすと様

 

しかし、設定付きの最初の機種がリミット機て… 分かりにくいと思うんですけど…

 

海なんかのシンプルな台の方が分かりやすかったと思うんですけど、まぁ仕方ありませんね!

 

「とにかく設定のいい台に座ってぶん回す」というのを合言葉に戦ってみて下さい!

 

これからは、設定入れればという条件と設定良くても鬼釘で全然回らないということが心配されますが、お店の方も手探りなんでどうなることやら…

 

徐々にいろいろ分かってきそうです、そしたらまた更新します。

 

以上、PF革命機ヴァルヴレイヴW スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事でした。