Aタイプを狙ったプロの戦術!!

スポンサーリンク

今日の記事は長期に渡ってプロとして活動している1匹狼の話をしていきたいと思います。

 

 

 

Aタイプだけでやっていくプロ!

 

彼がホールに通っている期間は、もうかれこれ20年くらいになるでしょうか…

長期にわたりジャグラーやハナハナ、最近だとハナビやバーサス等、Aタイプの機種一本でずっと活動しています。

 

そんな彼の戦術を紹介していきます。なんというか、悪く言えば地味、よく言えばいぶし銀というのか…とにかくシブい感じですけど。

 

これだけAT機なんかが規制を受けて苦しくなっている時代だからこそ、輝く戦法かもしれません。

 

 

 

どうやっているのか?

 

では、まぁ結論から言うと

 

 

閉店時間近くに来て高設定らしいボーナス確率の台を打つだけ。

 

 

 

すごく地味だし、みんなそんなこと思いつきそうですが、それ1本槍で閉店まで打ち続けることができる人間はそうそういません。

 

皆さん、出っぱなしの時以外で、毎日閉店まで打ち続けていますか?

 

たいていの場合きりがいいところで止めていると思います。

 

 

特にAタイプは時間を気にせず打てるので、割と、どの店でも閉店1時間から2時間くらいは稼働が上がりやすいんですけど、朝からきて閉店まで打ち切られるケースはあんまりありません。疲れるんですかね。

 

皆さんAタイプ以外の台を打って、閉店近くなるとAタイプを打つといった感じです。

 

それゆえにたとえ高設定だとしても途中で1回はやめられるケースが多いんです。

 

 

あとAタイプは「ほぼ設定通りに出やすい」というのがメリットですよね。他のATやART機は一部の機種を除いて、設定よくてもヒキに左右されやすい部分がありますから。

 

設定入れてるのに出てくれない、設定入れていないのに閉店まででっぱなしとか、使う側としてもやりにくい時はありましたね。

 

 

 

徹底してシンプルな手法!!

 

具体的に彼がどう活動しているか書いていきますけど、まず夕方くらいに来店、そしてAタイプの合成確率がいいのを探して、空いてれば打ち始めるんですけど、その際に打つのは前日すごく飲んでいた台か前日が明らかに高設定だった台この2タイプの台を探してひたすら閉店まで打ち続けます。

それか、閉店一時間か二時間前だと、十分に総回転数が回ってボーナスの合成がいい、いかにも高設定挙動の台だけを打ち続けてます。

スポンサーリンク

 

つまり、ほぼ設定上げたか、明らかに据え置いたか、「わかりやすい時だけ打ち続ける」。

 

と、いう事になります。

 

 

空かなければひたすら打たずに、修行僧のようにじっと待っています。

低設定で設定を揃える日もあるんですけど、そういった日は打たずに帰ってしまいます。

これがなかなかできないと思うんですよね。

 

彼の戦法は理にかなっているところがあって、Aタイプでも一時的に「低設定のまぐれ吹き」がある時があるんですけど、そういった台を掴んでしまうのを極力防止することにもつながっているので、「なかなかうまいなぁ」と感心してしまいましたね。

 

 

マネできそうにない?

 

しかし、他に楽しい台があった時代も、そんな台には目もくれずAタイプ一本ですよ…

 

そんな事ありえますか?隣の爆裂機が5000枚でようが、万枚でようがお構いなし。興味はないようです。

 

自分には信じられなかったんですが、楽しみ方は人それぞれ、「Aタイプ道を極めし男」がいてもいいんですよね。

 

もちろん、彼にも勝つ日、負ける日があるわけですけど、トータルとしては彼の勝ちで、お店としては煙たい存在のプロなわけですが、生活の為なのかどうかはわかりませんが、あそこまでプロ意識をもってやっている人はそうそうみかけません。

 

 

スロットで勝つための基本!!

 

彼はパチスロで勝つための基本ともいえる

 

高設定を打ち続け、高設定の機械割を引き出し続ける

 

というのをひたすら追い続けているという事になります。

ハイエナの人達がひたすら期待値を追い続けているのと同じですよね。

それをAタイプでやっているわけですね。

 

塵も積もれば山となる!?

 

たとえ高設定を打てた時間が30分だけだったとしても、何回も繰り返して、打てた高設定の「機械割の塵を積もらせて山にする」という戦法になりますね。

 

今日の記事は参考になるようで参考にならないかもしれません。

なぜなら…あそこまでストイックに打つことは難しいと思うからです。(自分ならゴッドとか絆とか打ちたくなりますもん…。)

以上Aタイプを狙ったプロの戦術!!の記事でした。

 

 

スポンサーリンク