P学園黙示録ハイスクールオブザデッド毒島Ver スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!

スポンサーリンク

2018年8月20日から導入が始まっています、P学園黙示録ハイスクールオブザデッド毒島Ver スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事です。

 

(C)TAKAO

 

設定C 1/127.0→1/63.5
設定B 1/107.1→1/53.5
設定A 1/99.8→1/49.9
確変突入率
50%  1/99.9で転落するまでか4回リミッタまで
時短
大当り後30or100回or100回+α(転落まで)
賞球数
4&1&5&3&8
ラウンド
6R   400発
5R   330発
4R   270発
3R   200発
カウント
10C

 

ヘソ時の振り分け
5R確変(電サポ100+転落まで) 50%
5R通常(電サポ30) 50%

 

電チュー時の振り分け (リミット時は電サポ100で終了)
6R確変(電サポ100+転落まで) 50.0%
5R確変(電サポ100+転落まで) 25.0%
4R確変(電サポ100+転落まで) 12.5%
3R確変(電サポ100+転落まで) 12.5%

 

設定3段階、4回リミット付きの転落タイプと、これでもかと連続性がない機種の登場です。

スポンサーリンク

 

まずは、ヘソからの50%をクリアするのがカギで、そこからは電サポ100ありますが、1/99.9での転落との戦いです。出玉も少ないす。

 

クリアし続けても4回目の当たりで終了します。残念ですね!

 

設定Aの当たりの軽さでカバーしましょう。

 

続いてボーダーです。

 

等価 設定C  36.9

設定B  25.8

設定A  22 

3.5円 設定C  37.9

設定B  26.4

設定A  22.5

3円 設定C  39.6

設定B  27.6

設定A  23.6 

 

玉削りを考えると等価で設定C,44、B、31、A、26回は欲しいところ!

 

設定付きはまだ出たてなんで、最初は目をつむりますけど、このボーダーの感じが続くなら、客離れを懸念しなければなりませんね、

 

かといって、釘を空けすぎると台を買ってくれるホールに敬遠されて売れないし、ちょうどいい調整の台が増えることを祈ります。

 

以上、P学園黙示録ハイスクールオブザデッド毒島Ver スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事でした!

 

スポンサーリンク