CR 大海物語4withアグネスラム119ver スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!

2018年4月2日導入予定のCR 大海物語4withアグネスラム119ver スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事です

(C)SANYO

 

大当り確率
約1/119.81 → 約1/19.505
確変率
100%
確変
ST10回転(継続率に直すと約61.3%)
時短
大当り後40or70or100回
賞球数
4&2&11&3
ラウンド
5R 495発
7R 620発
16R 1584発
カウント
9C
     ヘソ、電チュー共通の振り分け
16R確変     電サポ100回(ST10回含む) 4.0%
7R確変      電サポ70回 (ST10回含む) 56.0%
5R確変      電サポ70回(ST10回含む) 7.0%
5R確変      電サポ40回 (ST10回含む) 33.0

 

海シリーズの甘のST機ですね。年配の方に特に人気がありますよね。

 

大当たりはヘソも電チューも確率は同じとなっています。

 

全部の大当たり後に、ST10回がついて10回転のうちに1/19.5をひけるかという台ですね。

 

ちなみに、通常時は保留が8個貯められます。

 

 

続いてボーダーです。

等価 19.9
3.5円 20.2
3円 21.2

 

ボーダーとしては、玉削りを考えて等価で21回転は欲しいところ

 

オーバー入賞が多いつくりなのでボーダーはまぁまぁ甘めとなってます。これなら打てるでしょう!

 

人気の甘海シリーズで、今作は5万台と導入も多いのでお目にかかる機会が多いと思います。

 

甘の中ではできるスペックとなっていて、新しい演出もあるようなので、そこは打ってのお楽しみとなりますよね。

 

以上CR 大海物語4withアグネスラム119ver スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事でした。