CR彼岸島 スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!

2月5日から随時導入が始まっています。CR彼岸島のスペック&ボーダーの記事です。左打ちと右打ちで別機種のように遊べて、1機種で2度楽しめる台となっています。

(C)SANSEI R&D

明ルート
1/256→1/99.90

師匠ルート
1/256

ST突入率
明ルート
80%(ST101回)

師匠ルート
なし

【賞球数】
4&1&3&15 /10C

ラウンド&出玉数
明ルート
4R:約600個
5R:約750個
6R:約900個
16R:約2400個

師匠ルート
4R:約600個
16R:約2400個

※出玉はすべて払い出し個数

ST回数
101回

時短
100回

明ルート(左打ち時の内訳)

16R確変(電サポ101回) 30%
6R確変(電サポ101回) 15%
5R確変(電サポ101回) 15%
4R確変(電サポ101回) 20%
4R通常(電サポ100回) 20%

師匠ルート(右打ち時内訳)

16R(電サポなし) 50%
4R(電サポなし) 50%

左打ちで打つか?右打ちで打つか?好きな方を選んでいいですが、時間がない時は右打ちで打つと消化も早いのでおすすめです

続いてボーダーにいきます。

左打ちルートか右打ちルートかで、ボーダーも変わるので注意してください。

 

左打ちボーダー 右打ちボーダー
等価 24.3 45.4
3.5円 25.7 46.5
3円 28.2 48.5

 

玉削りを考えて左打ちの等価交換で28.5、右打ちの等価交換で53.5は欲しいところですね。

たぶん左打ちで打つ人が多いと思いますが、右打ちも試してみて、どちらか回る方があればそちらの方で回すのもありですよね。

調整する方はどちらも調整しなければならないので、ちょっと面倒なので調整ミスがあれば、そこをつけますよね。

どちらも試してみるのがおすすめです。

以上CR彼岸島 スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事でした。