CR フェアリーテイル スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!

スポンサーリンク

2018年3月5日から導入予定、CR フェアリーテイル スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事です。人気漫画タイアップのパチンコの続編になります。

(C)藤商事
大当り確率
1/319 → 1/191
確変突入率
65%
1/356で転落するまで
時短
大当り後100回か転落するまで
賞球数
4&1&3&5&14
ラウンド
5Ror16R
カウント
10C
ヘソ時の振り分け
5R確変(電サポ100か転落まで) 65% (約680発)
5R通常(時短100回) 35% (約680発) 
電チュー時の振り分け
16R確変(電サポ100か転落するまで) 100% (約2160発)

 

確変転落タイプの機種ですね。ややこしい振り分けはありませんね。

スポンサーリンク

まず65%の確変に突入させたら、1/356を引く前に1/191を引ければ約2100発を獲得できるというゲーム性。

転落させなければ爆発力はなかなかありますね。

転落しないことをハラハラしつつ祈りながら打つ機種になります。

あまりホールでは支持が得られていない、真慶次2みたいな感じです。

 

続いてボーダーです。

等価 18.6
3.5円 19.3
3円 20.6

玉削りを考えても22.5あれば打てるので割と甘いボーダーとなりました。

 

この機種はほとんど削らないホールを見つけれれば相当甘いボーダーとなりましたね。

 

どの機種でもそうですが、回るし削らない調整のホールがあれば、この機種は相当甘くなりますが… 存在しませんかね?

 

でも転落タイプはいまいち人気がでないんですよね。

 

こういう時に限って引き強になって転落の方の確率を引っ張ってくると特に落ち込みますよね。

 

しかしボーダー的には甘いので、ホールによっては楽しめそうなスペックにはなっていますね。

主力になれる機種の可能性は秘めていると思いますが、はたして…

 

以上CR フェアリーテイル スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事でした。

 

スポンサーリンク