ディスクアップ 解析 これだけ覚えればいい!

2018年5月21日から導入が始まってます、ディスクアップ解析 これだけ覚えればいい!の記事です。

 

技術介入ができれば今一番勝ちやすい機種と言われています。

 

確かに飲み続ける台は他の台よりも少ないかもしれません、出たらヤメ時を間違えなければ甘いかも…

今更ですが記事載せました。

(C)サミー

 

 

設定 BIG合成 レギュ ボーナス合算 機械割
1 1/288.7 1/496.5 1/182.6 98.9%
2 1/287.4 1/458.3 1/176.6 100.3%
5 1/281.3 1/442.8 1/172.0 103.3%
6 1/273.1 1/422.8 1/165.9 107.2%

 

天井 なし
ヤメ時 ボナやART後はリプが頻繁に揃う状態があるので要確認

それ以外はボーナスが成立していないなら

 

A+ART機です。

同色のビックで最大251枚、赤青赤の異色で最大251枚、レギュで最大103枚。

技術介入の効果が大きくて、フル攻略で機械割が3%~4%底上げできるという機種です。

 

目押しの力が試される機種となっています。

 

通常時の打ち方

ハサミ打ちで、左リール上段付近にバー狙いで、右リール適当打ち、スイカがテンパイしてれば赤7を目安にスイカを狙う

 

ビック時の打ち方

1回成功で獲得枚数アップ

右リール下段に青7を狙う

中リールは適当打ち

左リールに枠上から中段にバーを狙う。

こうなればよし。

 

通常時の同色ビックの場合は、READYのカットインが発生した場合には

中リールの枠下に青7をビタ押しして、リプ、星、星の形にする。成功すればARTのゲーム数を上乗せ。残りリールは適当押し。

 

もし失敗したら、左リールの枠上~上段にバーを目押し。上段にバーが止まってくれれば1/3で上乗せ発生。

 

 

レギュ中の打ち方

 

中リール内に赤7を目押し、

右リール適当打ち

スイカがテンパイしてるのでバー狙いでスイカを揃える。

1回成功でMAXとれます。

 

ART中の打ち方

ART中はナビや指示がでるので従って打ちます。

 

パシュンと音が鳴り両サイドランプが点灯したらパンクのピンチ。

左リールチェリーを狙って消化。

もし失敗して、リプが左の上中段に停止したら、中、右は青7を狙って消化。

 

最速揃え手順

ケース1

右リール中段の青7をビタ。

青7が揃わなければ次のゲームで赤、青、赤の異色を狙いましょう

ケース2

右の下段に青7が停止したら下記の手順を実行、次に、ケース1からやり直

ケース3

右上段にバーが停止したら下記を実行し、ケース1からやり直し

ケース4

右中段バーが停止で下記を実行。レギュが揃わなければケース5に移行

ケース5

右リール中段バーをビタ押し。下記を実行

ケース6

右上段にスイカが停止で下記を実行、次ゲームでケース5をやり直し。

ケース7

右リール上段に赤7停止で下記を実行。次はケース5をやり直し

 

ケース8

右中段に赤7停止で下記を実行。

ケース9、上記の8種のどれにも該当しない停止型は適当打ちでOK

画像引用元⁑すろぱちくえすと様

 

 

次に、チェリーでのレギュ同時成立確率に設定差があります。

設定 チェリーでレギュ成立確率
1 1/5461.3
2 1/3276.8
5 1/2978.9
6 1/2520.6

 

ビタ押しが100%成功時と仮定した場合、成功しているのに上乗せなし確率に差があります(同色ビック時)

設定1 1/4156
設定2 1/1032
設定5 1/517
設定6 1/258

1回では微妙ですが2回出れば高設定の可能性が大幅アップ!

 

後は異色ビックの確率に差があり!

異色BIG
設定1 1/8192
設定2 1/7282
設定5 1/4681
設定6 1/3121

技術介入系は絶対の機種なので必ずやって、最速揃えも確実にやって初めて勝負になる機種なので要実行ですね。

 

以上、ディスクアップ 解析 これだけ覚えればいい!の記事でした。