CR シュタインズゲート スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!

スポンサーリンク

2018年6月4日から導入が始まります、CR シュタインズゲート スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事です。

 

(C)ニューギン

 

大当り確率
1/319.68 → 1/126.51
確変突入率
50%
継続率
65%
時短
通常大当り後100回転
賞球数
4&1&3&15
ラウンド
16R   2240発
10R   1400発
7R    980発
5R    700発
4R    560発
実質3R  420発 
 
カウント
10C

 

ヘソ時の振り分け
16R確変(電サポ次) 4%
7R確変(電サポ次) 14%
5R確変(電サポ次) 23%
4R確変(電サポ次) 9%
7R通常(電サポ100回) 6%
5R通常(電サポ100回) 23%
4R通常(電サポ100回) 21%

 

 

電チュー時の振り分け
16R確変(電サポ次) 50%
10R確変(電サポ次) 1%
7R確変(電サポ次) 2%
4R確変(電サポ次) 9%
実質3R確変(電サポ次) 3%
実質3R通常(電サポ100回) 35%

 

以前パチスロでも登場した、シュタインズ・ゲートがパチンコでも登場です。

スポンサーリンク

 

まずは50%の確変にぶち込んだら、65%で継続の台です、確変時は50%で2200発が狙えるのでそこに期待したいところです。

 

ヘソの振り分けがちょいと分かれているので、ヘソ時には16ラウンドは4%と期待薄です、確変時に出玉は期待する感じになります。

 

まぁ、最近の普通のスペックの台って感じになりますかね…

 

続いてボーダーです。

 

等価 19.6
3.5円 20.4
3円 21.9

 

玉削りを考えると等価で24回転は欲しいところ。

 

ボーダー的にはちょい辛めですね。

 

 

話題となったタイムリープを題材にした、人気アニメなんでファンは1度は打ってくれると思います。ファンに支えられ息の長い台にはなりますかね??

 

以上、CR シュタインズゲート スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事でした。

スポンサーリンク