CR RAIZINMANライジンマン スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!

スポンサーリンク

2018年5月7日から導入が始まっています、CR RAIZINMANライジンマン スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事です。

2000Ver,1200Ver,の2種類出てますね。

 

(A-gon)
2000Ver,(カッコは1200Ver)

 

羽根物

 

小当たり確率
1/5

 

77揃い確率
小当たり時 12%(15%)

 

雷神チャンス突入率
ヘソ 51%(65%)
電チュー 100%

 

雷神チャンス
時短3回+保留2回

 

時短
大当り後0or3回
賞球数
1&3&5&15

 

出玉
2025発、(1215発)

 

ラウンド
16実質15R
(10実質9R)

 

カウント
9C

 

ヘソ経由でのV入賞振り分け(カッコは1200Ver)
実質15R、電サポ3回  51%(65%)
実質15R、電サポなし 49%(35%)

 

電チュー経由V入賞内訳
実質15R(電サポ3回) 100%

 

羽根物タイプですね。

スポンサーリンク

 

流れとしては、

1、通常時は、まず右打ちでGOチャッカーを狙う

2、入賞でデジタルが回転、約1/5で奇数のゾロ目が停止

3、アタッカーが開放するので狙い入賞した玉を貯めます

4、その玉が三段クルーンを突破すれば大当たり

 

こんな感じの流れです。一度やってみればそんなに難しくはないと思いますよ。

 

このタイプはボーダーどうこうより、まずはチャッカーに行きやすいか、そして、そのあとのクルーンの突破率が大事になります。

 

クルーンの3段目にちゃんと行く調整のお店で打ちましょう。

 

調整によってはどんなに頑張っても、最後の段に行かなかったりしてストレスがたまりますからね。

 

いつも言いますが、

初当たりの多さ=いい台

になるのでそれを考えて打ちましょう。

 

この台は意外と好評のようなので久々のロングランヒットに期待したいですね。

 

大量出玉報告もありますね。現時点では人気のようです。

 

以上、CR RAIZINMANライジンマン スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事でした。

スポンサーリンク