P沼 スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!

スポンサーリンク

2018年12月3日から導入、P沼 スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事です。

ついにカイジの沼が現実に…

 

(C)高尾

 

大当り確率
設定C 1/15.9 → 1/12.7
設定B 1/13.5 → 1/10.8
設定A 1/9.9 → 1/7.9
確変突入率
100%
確変
次回まで(62回リミッタ)
賞球数
15&1&4&3&3&7&13
ラウンド
2×62  4900発
カウント
3C

 

ヘソ、電チュー共通の振り分け
2R確変(電サポ次回)×62回 50%

 

 

カイジの沼です。原作は1発台でしたが、この機種はクルーンの2段目までは役物そこからは抽選仕様。

スポンサーリンク

 

クルーンの3段目は設定差がある抽選となっていて、当たるか当たらないかは2段目クルーンの時点で決まっています。要するに出来レースですね!

 

そして大当たり中は高設定ほど大当たりが早く消化できるようになっています

 

設定C確変当たり平均消化回数→788回転

設定B確変当たり平均消化回数→670回転

設定A確変当たり平均消化回数→490回転

設定がいいほど大当たり消化が早いんで覚えておきましょう!!

 

続いてボーダーです。

等価 設定C  0.85

  B  0.72

  A  0.51

3.5円 設定C  0.89

  B  0.73

  A  0.52

3円 設定C  0.96

  B  0.8

  A  0.57

 

これ、ボーダーも一応ありますけど、役物の突破率を大事にしてくださいね。

クルーンの1段目によく行く台、1段目を突破して2段目によく行く台、2段目を突破しやすい台。

 

ちゃんと見ましょう、お店は側は調整できますからね。

 

以上、P沼 スペック&ボーダーこれだけ覚えればいい!の記事でした。

スポンサーリンク